モチモノ手帖。

持っているものをひとつずつ記録しています。台湾雑貨とマスキングテープが好き。

モチモノ手帖。

【台湾土産】台湾の紅白ビニール袋(紅白塑膠袋)はストライプ柄で最高に可愛い

【台湾土産】台湾の紅白ビニール袋(紅白塑膠袋)はストライプ柄で最高に可愛い

紅白塑膠袋は、台湾らしい可愛さあふれるビニール袋です。台湾旅行へ行ったことがある方なら、一度は目にしたことがあるかも。私はこちらの紅白のビニール袋が大好きなんです。
1枚ずつで見てみると、紅白というよりも濃いピンクと薄いピンクのたてストライプといった柄の袋です。
もうそれだけなのに可愛くて可愛くて…!といった具合に愛しいです(笑)
 
好きすぎるビニール袋のため、もはや買う目的がなくなっています。
サイズが複数あるため、台湾旅行&お店へ行くたびに、どんどんコレクションと化してします。
 
微妙に違う種類もあり、なかなか奥が深そうです。

台湾の友人がお土産でくれたのですが「これがカワイイ?」と怪訝な顔をされましたw

いつも買う袋と違って薄めの色合いに見えますが、1枚ずつ見るとあんまり変わりません。どちらも間違いなく可愛い~!

 

可愛い台湾土産として買う

市場のほか、台湾の夜市(ナイトマーケット)で買い物をすると、こちらのビニール袋に入れてくれることがあり、ポップで可愛い袋だなとずっと思っていました。
 
以前から台湾が好きな日本人には人気のあるもので、お土産として買って帰る人も多いらしい。
 
旅行へ行っても、こういった小物は買わない女友達でもこちらは買ったくらいなので、女子心をくすぐるのは間違いないですね ♪
 
台湾やアジア好きの方へのお土産に買って帰ると喜ばれると思います。日本でこちらのビニール袋を持っている人を見かけたら、親近感が半端なくわきます(笑)
漁師あみバッグも可愛いですよ。

 

お土産におすすめのサイズは?

私のまわりでは、一番小さなサイズが人気です。

一番小さいサイズの袋は半斤1斤が600gなので、300gくらいの食料品を入れられるのにぴったりサイズ。市場で買い物をするとこちらに入れてくれることが多いですよ。
 

台湾の紅白ビニール袋の使い道

買っても使い道がなければ場所を取るだけ。ビニール袋なら、絶対使うのでその心配はありません。可愛いビニール袋として、楽しく使いきれること間違いなしだと思いますよ~!

 

雑貨屋さんなど、お店をされている方や、フリーマーケットへ出品している方は、レジ袋としてお客さんに商品を入れて渡す用として使うときっと喜ばれます。

台湾ではその使い方が主流なので、買いやすい価格ですよ。

 

私は、友人になにかを渡すときや、濡れた折り畳み傘を入れるときなど、普通のビニール袋と同じ用途で使っています。こちらのように、台湾のお土産を渡すときに使うのが一番のおすすめです。

薄い袋なので、透け感があってそれもまた可愛いんです。
中身を見せたくないときは、紙袋へ入れてからほかのものとまとめるのに使ってくださいね。
 
いつの日か、外袋ごと壁に飾って台湾色を出して楽しもうという野望があります。実際に、壁に飾っている方がいてとっても素敵だったんです。それ用にもまた買ってくるかもしれません。
 

台湾の紅白ビニール袋を購入できるお店

私が台北でいつも買う場所は、勝立生活百貨(雙城店)です。
初めて台湾へツアーで旅行で訪れた際、ホテルが中山國小站近くだったので散歩していてたまたま見つけました。
 

勝立生活百貨(雙城店)
住所:台北市雙城街21

営業時間:9:00~深夜2:00

 
近くで夜市がやっている日があるので、ごはんを食べるついでに寄ったりもしています。

前回旅行したときには、牡蠣入りの麺線を食べました。衛生的にはあんまりだと思いますが、台湾のごはんでお腹を壊したことはまだないので、私は気にしていません。

 

紅白塑膠袋は、一番小さいサイズで約130円くらいからあります。

一番大きいサイズは布団が入りそうですが、使わないなと思って買わなくて結局後悔しています。ホットカーペットの敷カバーとかをすっぽり入れたいなぁ。

 

日本でも少量ずつ取り扱っている台湾雑貨のお店があります。

 

台湾旅行にはエコバッグ持参が便利

市場や夜市では袋に入れてくれるお店が多いですが、通常、台湾のコンビニやスーパーは、レジ袋が有料です。

加えて、2018年からはドリンクスタンドのビニール袋も有料になりました。

 
今まで、台湾の有料のビニール袋は、日本と質が全然違ってしっかりとしているので繰り返し使っても破れず、買ってもいいと思っていましたが、だんだんペラペラになりつつあるようです…。
 
街歩きや観光をしていたら、きっと荷物が増えてくるので、まとめる用として大きなエコバッグがおすすめです。