モチモノ手帖。

持っているものをひとつずつ記録しています。台湾雑貨とマスキングテープが好き。

スポンサーリンク

会津木綿がモダンで可愛い!がま口のミニ財布をメインに愛用

会津木綿がモダンで可愛い!がま口のミニ財布をメインに愛用

先月、彼と京都の祇園へ出かけたときに、京都のがま口専門店 AYANOKOJIでポーチと一緒に買ってもらったお財布です。

 

小銭を入れるサブ財布ですが、最近はメイン財布として大活躍中です。「もったいないかな…?」と迷いつつ、やっぱり買ってもらって良かった!←図々しいw

 

実家暮らしだとあまり日常的な買い物をしないので、会社へ行くときやちょっと出かけるときはこちらのみを携帯。

 

なので、元々メインであるはずのくまモン長財布の出番があまりない…(笑)

今年結婚し、実家から出て引っ越す予定なので、こちらのがま口は引き続き同じ用途で自分のお小遣い用にします。 

 

大ざっぱな性格のため、分けないとお金の管理がずさんになるので、一人暮らしをしていた時も財布分けで管理していました。

 

チェーン手提げ付きがま口財布 

福島県の会津地方の伝統工芸品の会津木綿が使われています。
この落ち着いた色合いのブルーとグレーのストライプが気に入りました。 

持ち手として金色のチェーンがついています。
持ち手を持って歩くことはないので、チェーンを片側に寄せて、三重県の椿大神社の花みくじに入っていた椿の花チャームと京都の御金神社のストラップを付けました。 

東北を応援する商品ということで、がま口の絵に"心はひとつ"と表記されたタグがついています。

 

パカッと大きく開き、内ポケットもゆったり目なので取り出しやすいです。

 

ふだんの中身は、8千円〜1万円くらいのお札と、PiTaPa(iPhoneケースに入れている時もあり)、クレジットカード機能付きの銀行キャッシュカード、電車の回数券(昼特きっぷ)を入れています。

 

同じ種類のがま口財布で、カラフルボーダーの色違いもあり本当に可愛くて迷いました。 

お店にはなかったけれど、新柄のギンガムチェックも上品で素敵だな~と思います。 

 

▼超ミニタイプがめちゃめちゃ可愛い!

 

前のサブ財布

f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20150307175404j:plain

数年前にフェリシモで購入した金色のミニ財布を使っていました。

もちろんこちらもがま口♪

チェーン付きで斜め掛けもでき、手のひらサイズでポケットに入れられるのが便利でした。ふだんは別のチェーンを付けていました。

f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20150307175413j:plain

端っこも擦り切れて傷だらけになるくらい使いました。価格はかなりお手頃でしたが、合皮は日の経過でも自然に劣化するので耐久性には期待できないですね、、

 

台湾の大好きな炊飯器、電鍋のミニチュアストラップ根付をつけていたんですが、どこかで落としてしまったみたいで、それがとっても残念です。

また台北旅行をしたら買いたいですが、次行ったらもうないということも多い台湾なので、買えない可能性大…。

 

がま口のバッグも可愛いけれど、入り口が狭いのが気になって保留しました。開け閉めは便利そう!

実際に色々見た中で、彼氏のお母さんが好きと言っていたリネンのシリーズがシンプルで上品だなと思いました。

 

台湾でお世話になった老師(先生)と媽媽(先生のお母さん)も行きたいと言っていたので、今度関西にいらっしゃたらまた案内したいな~と思います!

ちょっとしたプレゼントや、台湾の方への手土産にもいいかもしれません♡