読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーのモチモノ手帖。

持っているものをひとつずつ記録しています。台湾とマスキングテープが好き。

スポンサーリンク

【テトラ型風ティーバッグの作り方】ダイソーのシーラーとお茶パックで簡単に作れます♪

【テトラ型風ティーバッグの作り方】ダイソーのシーラーとお茶パックで簡単に作れます♪

f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20150429155517j:plain

私はコーヒーより断然お茶派です♡
そのため、家での飲み物はお茶ばかり。アイスティーも好きだけど、夏でもけっこうあったかいお茶を飲んでいます。
 
特に、紅茶教室にも通っていたくらい紅茶が好きでした。
過去形なのは、今は凍頂烏龍茶や東方美人茶などの台湾茶をメインに飲みだしてそちらに好みが傾いているからです。
 
紅茶も台湾茶も、リーフのお茶は淹れるととっても美味しいんですが、少々手間。
ポットや茶器を温めたりしないと!と思って面倒に感じてしまう時があります。
茶葉を捨てるのもちょっと手間。
 
去年のお正月に買ったルピシアのお茶福袋のリーフティーがまだまだ残っているのに、台湾で買ってきた、お手軽ティーバッグの凍頂烏龍茶ばかり飲んでしまう…
 
そんなわけで、もっと手軽にまぁまぁ美味しく飲めるように、自分で好きな茶葉のティーバッグを作ることにしました。
テトラ型…とは断言できないけれど、ぺたんこタイプより、茶葉が広がる空間ができるので美味しく淹れられます♪
 
好きな茶葉を組み合わることで、オリジナルブレンドティーも気軽に楽しめるかも! 
 

用意するもの

f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20150429155537j:plain
  • シーラー
  • お茶パック(変な匂いがないので無漂白がおすすめ!)
  • お好みのお茶
  • 紅茶計量用スプーン・またはティースプーン
  • はさみ
f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20150429160213j:plain
ダイソーのハンディーシーラーの場合、電池は別売りで単三形電池×2本が必要です。
 
 

作り方

 1.
f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20150429155607j:plain
お茶パックの折り返し部分をはさみで切ります。
 
f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20150429155640j:plain
サイドを切ってから開き、この指で持っている部分も切り落とします。
 
f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20150429155708j:plain
切ったら開きます。
 
2.
f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20150429155730j:plain
茶葉を入れます。
専用の計量スプーンを使っていますが、リーフティーならティースプーンですくって軽く振って落としたくらいの量が1回分の目安。
※細かい茶葉の場合はよく出るので、半分くらいで十分です。渋くなります…
 
私は大きめマグで飲むので多めですが、お好きなさじ加減でどうぞ!
 
3.
f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20150429155758j:plain
マークをつけている部分を合わせてシーラーで綴じます。
 
f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20150429155814j:plain
このような形になります。
 
f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20150429160006j:plain
スライドせずに、軽く抑えるだけで十分です。
 
f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20150429160039j:plain
反対側も同じようにシーラーで綴じ、真ん中に隙間ができていたらそちらも綴じて出来上がりです。
 

お好きなマグカップ(大きめ推奨)でどうぞ~

ただ単に、お茶パックに入れるより、茶葉が広がるので美味しく淹れられます。
茶葉もでてきません。ダイソーのシーラー、なかなか使えますね!
 
f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20150429160402j:plain
私は不便じゃないので、ひもはつけていないですが、紐が必要な方は、シーラーで綴じる時に、もめん糸などを中に入れて上手に綴じたら紐付きになるのではないかな?と思います。
または、元々紐付きのお茶パックを使うのが一番簡単ですね!
 
マスキングテープなどで可愛いタグを作るとより素敵かも♡丁寧な暮らし見本として雑誌に載っていそうです(笑)
気が向いたらやってみようかな~
 
お茶福袋等を買うときに、
「リーフの方が安いけど…面倒だからティーバッグの割高なほうを買おう」と選んでいた方にも、一度試してみてもらいたいです♪
ちょっとの手間で、もっと手軽にお茶が楽しめるようになります。
なにより安い(笑)節約です!
 
 

ティーバッグ?ティーパック?

ずっとティーパックかな?と思っていたんですが、「ティーパック」や「ティーバック」という呼び方は間違いだそうです。
両方、商品名で使われているので紛らわしいですね…
 
参考サイト
こちらの記事を読んで、変な?ティーバッグを縫って作るのも趣味としては面白そうだなと思いました(笑)

portal.nifty.com