モチモノ手帖。

持っているものをひとつずつ記録しています。台湾雑貨とマスキングテープが好き。

スポンサーリンク

【台湾土産】台湾のハワイ!?澎湖(ポンフー)で買えるヒトデの鉛筆が可愛い

【台湾土産】台湾のハワイ!?澎湖(ポンフー)で買えるヒトデの鉛筆が可愛い

なかなかのサイズ感で、飾っても使っても存在感があります。
 
文房具は、実用的なものだけのほうが扱いやすいとはいえ、可愛いのは別腹的な楽しみがありますね。こちらも、お気に入りなので大切に持っています。
 
写真のペンケースには入りませんが、比較のために一緒に並べてみました。
入るペンケースはほぼない気がします(笑)
 
台湾の澎湖(ポンフー )という、日本でいうと石垣島のような離島へ旅行したときに、そちらの雑貨屋さんで購入したものです。 
 
★関連記事★ 
ペンケースの中身(2015年)

ペンケースの中身(2016年)

 

台湾の澎湖(ポンフー)への旅行

澎湖県の観光局には台湾のハワイとも、誰も知らない台湾とかキャッチフレーズで言われています。今は、だんだんと日本人観光客も増えてきていて、知られつつある台湾になってきているようです。

お寺(エレベーター付き!)の上階から撮った写真。この景色が一番気にいった場所かもしれません。


澎湖は、4月~9月くらいまでがベストシーズンといわれており、それ以外の時期に初めていくと、おそらく後悔するので、やめておいたほうがいいです。

例えば、風が強い・曇り空で気持ちがどんよりする・船が出ないなど。

 

ほうことう、現地の人にはぼうことう、とも呼ばれていますが、ぽんふーが一番しっくりきます。なんか可愛いですよね、ぽんふー。発音がちょっと通じにくいけど。

 

夏には星も綺麗で天の川がくっきりと見られます。10月以降はほとんど曇り空なので、見え辛いかも。夏のペルセウス流星群のときは、星が流れっぱなしでした!

 

くるくる廻る風車みたいなヒトデ鉛筆

ヒトデが風車を模した雑貨に!

ヒトデはアサリやハマグリなどの2枚貝を食べてしまうため、実は漁師さんの間では嫌われ者。それで駆除されたヒトデも雑貨やアクセサリーとして有効活用されています。

 

たまに加工しきれていなくて、クサイヒトデグッズもあったけど…

この鉛筆は大丈夫でした!(笑)

 

硬いので、とっても丈夫なところもお土産としておすすめです。

私がこの鉛筆を会計しようとレジへ持って行ったら、レジの店員さんが「イン!イン!」と言いながらガンガンぶつけて見せてくれました。

 

中国語で「これ硬いからじょうぶだよ!」と言ってるんですが、それ今から買う商品…

でもこういうところはなんか雑とはいえ憎めないかもw

 

あと、この鉛筆のいいなと思ったところは、ただヒトデを使うのではなく、風車に見立てているところ。軸は木の枝に芯がささっているようなつくりです。

澎湖には、色々別名があるのですが、そのひとつが「風の島」だそうです。
周りが海のため風が強く、それを利用し海沿いに風力発電の風車が多く設置されています。風車ももちろん観光スポットのひとつなんです。

 

しばらくは日本でいっぱいいっぱいで行けそうにないので、

風車を思いながらひとり鉛筆のヒトデを回すことにします…
 

ヒトデ鉛筆、重いけど一応使える

そこまでの実用性は期待できませんが、ふつうの鉛筆として使えます。

こちらよりも、さらに大きなサイズのヒトデ鉛筆も販売されてました!
字を書こうとするとプルプルするレベルの重さだったので諦めました。
 
通常サイズにちっちゃいヒトデがくっついたものもあったけど、面白いのは断然こちらでしょう!
 
鉛筆削りは…ナイフで削らないといけないかなと思います(^^;)
 

姫でなくていいから人魚になってみたかった(笑)

澎湖とも鉛筆とも全く関係ない話ですが、小学生くらい頃に、ティモテというシャンプーのCMでの髪の洗い方が人魚ぽくて好きでした。

ロングヘアの髪をサイド片側に寄せる洗い方。
 
今考えると、それじゃ綺麗に洗えなさそう、ていうかそれはトリートメントの付け方だろうという気がしないでもないですが(笑)
 
岩の上に腰かけた人魚が洗髪しているバージョンもあったような気がします。
 
もう販売していないと思っていたら、 いつの間にか復活していました!
オーガニックシャンプーだったことさえ知らなかったなぁ…
 

10代の頃は、デイズニープリンセスの中でリトルマーメイドのアリエルが一番好きでした。
18歳の時に、大阪から夜行バスで東京ディズニーランド&ディズニーシーに初めて行ったときは本当に嬉しくて、アルバイト代をはたいてアリエルグッズを買い漁りました。
 
アリエル風ウィッグとかアリエルの香りのコロン(良い香りだった)とかぬいぐるみとか。
レジのお姉さんに「アリエルが好きなんですか~?」と聞かれるくらい、ディズニーストアでもたくさん買っていました。
 
のちに、自分の中でのブームが去ってほとんど捨てましたが、あの時のお金もったいない!特にウィッグって何がしたかったのか謎すぎます w
 
今思えば、アリエルが好きというか、アリエルのような人魚になりたかったような気がします。泳ぐのは苦手なので、あんなにスイスイと自由に海中を泳げて息もできるなんて羨ましい!
 
今でもそのなごりか、海を感じる雑貨や場所に惹かれている気がします。