読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーのモチモノ手帖。

持っているものをひとつずつ記録しています。台湾とマスキングテープが好き。

スポンサーリンク

【語学留学】台湾のハワイで中国語を学ぶ【格安】

【語学留学】台湾のハワイで中国語を学ぶ【格安】

「台湾にハワイ…?」と疑問に思われたかもしれないですが、私も大好きな台湾の離島、

澎湖島(中国語発音はポンフーダオ)のことです。

 

日本語では、「ほうことう」と読みますが、澎湖島のお年寄りの方は「ぼうことう」と濁って呼んでいます。

 

なにやら緯度がハワイとほぼ同じ!というのが台湾澎湖県のPRフレーズのひとつなので私も使わせてもらいました。ハワイぽいかどうかはともかく、南の島なことは確か。

f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20160818160720j:image

まだまだあまり日本人には馴染みがない島ですが、台湾人が多く観光に訪れる、台湾人にとっての沖縄リゾート地のような場所です。

 

そちらにある格安の中国語を学べる語学学校のご紹介です。

海外で中国語教師をしてきた英語も堪能な台湾人や日本語OKの台湾人が老師(先生)をしています。

「台湾中国語学院」 | 台湾のリゾート地「澎湖」で短期語学留学。

 

現役の学生さんから会社を引退された方まで老若男女気軽に利用できます。

現在3日間から受付しているとのことです。

 

【最新情報】台湾中国語学院元在校生の口コミ・感想はこちらから

tcgakuin.hatenablog.com

大学の語学センターの様子が分かります

www.gaoxionliuxie.com

両方とも、自主的に書かれたもので、わざわざ依頼したり第三者に褒めて書いてもらったものではないとのこと。参考程度に目を通すのが良いのではないでしょうか。

 

澎湖島ってこんなところ

 「こういうページがあったらポンフーの魅力が伝わるよね!」と、提案して作ったページです。写真を多く使い、分かりやすく作っています。

澎湖って? | 台湾中国語学院

 

まだあまり情報のない澎湖島の観光についてまとめているブログです。

台湾澎湖観光.com

 

澎湖島は、台北から飛行機で約50分、高雄から約30分、離島ではありますが行きやすい距離にあります。

 

街の中心部には、お土産屋さんやジューススタンドのほかに、日本のダイソーやマクドナルド、海の見えるモスバーガー(内装が可愛い!)おしゃれなカフェがあり、驚くほどに充実した暮らしができます。

 

ハイシーズンでも空いていてゆっくりできるお店も多いので、宿題をしたり、パソコンで作業をしているノマドワーカーもいました。

 

もちろんスーパーやドラッグストアもあり、日本でよく見る化粧品や日用品、女性なら必需品の生理用品の種類(これけっこう気になりませんか?)も豊富に揃っているので、よほどのこだわりがなければ、身軽に訪れても大丈夫です。

 

セブンイレブンやファミリーマート(全家)もいたるところにあります。街中では台北以上の密集度かもしれません。

 

台湾(澎湖配送OK!)のネット通販サイトで手軽にショッピング

荷物が増えても郵便局から船便で送ってしまえるので、せっかくなので通販でお買い物をするのもおすすめです!

 

台湾好き&買い物好きの方でも意外とみなさん使わないので、もったいないな〜と思います。 私の趣味の関係でマスキングテープと書いていますが、同じ方法でほぼなんでも買えますよ♪

www.mochimonotecho.net

台湾限定のスタバのグッズは、女性へのお土産にぴったりですね。クリスマス、春節、中秋節などイベントグッズも必見です。

 

また、2017年3月にフォーポイントバイシェラトン澎湖 (澎湖福朋喜来登酒店)1階にスターバックスができました!正確には約10年ぶりに帰ってきました。

澎湖限定マグカップやボトル、カードも販売されています。

 

中国語の勉強に、台湾人向けの日本語学習テキストもなかなか使えます。ジブリのDVDもおすすめです!

 

澎湖島での交通手段は?

街から少し離れた景色は、石垣島に雰囲気が似ています。

夏は、気温は関西よりも低いですが湿気が多くそれなりに暑いです。特に7月はうだるような暑さ。

バイクで移動すると風が涼しくとても気持ち良いです。

 

自転車やバス(1時間に1本くらい)、タクシーといった移動手段もありますが、バイク(原付含む)をレンタルするのが断然おすすめです!

www.taiwan-penghu.com

※事前に日本のJAFか交流協会で免許証を翻訳してもらう必要があります(国際免許は使用不可)+日本の免許証も持参して下さい

 

台北や高雄などの都市部で乗るのは怖すぎて私は無理ですが、澎湖島ではなんとか大丈夫でした。

日本ではあまり乗った機会がなくても、初めて(私も澎湖で練習しましたw)でもみんな徐々に乗りこなしていましたよ~(*´∀`*)

 

乗れるようになるととっても楽しいです。自転車が乗れる人なら乗りこなせるようになります。ただシーズン中の街中はやや混むのと、安全運転には十分に注意してくださいね~!二段階左折とヘルメットも忘れずに。

 

サイト制作に協力しました

そのため、宣伝をしています~!

f:id:blue_sky_blue-fuermosha:20160818155740j:image

公園のアインシュタイン像

 

縁があるのか、台湾人の友達で一番多いのが澎湖人(澎湖出身の台湾人は自分たちのことをこう呼ぶ)なんです。

 

澎湖人は、台湾本島へ行くことも「来週台湾へ行ってくる」という言い方をするので、ここも台湾やーん!とそのたびにツッコミたくなる関西人です(笑)

 

あとどうでもいいですが、私は台湾人だとよく間違われます。中国人、香港人とも言われました。というか日本人と思われたことが一度もありません…

 

道を聞かれたり返答にまごつくと「この人大丈夫?」というような雰囲気になることもあるのがやや困る。

台北の客引きのイケメンに「小姐〜♪」と声をかけられるのはちょっと嬉しかったですw(カモにされかけてるかも)

 

澎湖の人たちはみんなとても親切で困っていたら助けてくれ、日頃から色々お世話になっています。

 

台湾中国語学院のアピールポイントは老師と受けられる時間数が多いこと

詳しいことは、台湾中国語学院のサイトに記載がありますが、せっかくなので私がいいな!と思ったポイントを紹介しますね。

 

台湾中国語学院は私立の語学学校(私塾)ですが、中国語を教える先生(老師)が優秀です。

外国人に中国語を教える専門の教育課程を受けていて海外での経験が多い先生や、日本語能力検定1級・2級の先生も在籍しています。

 

そのため、全くの初心者で不安だという生徒さんや、英語での授業が良い生徒さんにも対応できます。

 

ちなみに日本語能力検定1級は、なかなかの難関です。日本人が受験する中国語検定1級と比較するとその難しさがよく分かるかと思います。

2級はコミュニケーションに問題がないレベルです。

同じ外国語学習者として知りたい言語の取得のコツなども教えてもらえますよ!

 

中国語の発音も、台湾でよく耳にする「ハオツー」や「ウォースー」ではなく、中国大陸でも通用する普通語の発音です。

また、先生は全員台湾人で、台南・澎湖という地方出身のため、台湾語も学べます。英語がネイティブ並みの先生も在籍しているため、生徒さんのご希望に応じて英語のレッスンも可能です。

 

先生の写真もサイトに掲載しています。複数の先生から受けられるレッスンが人気のため、先生が増えました。

 

先生の人数が多いので、最高1日8時間まで中国語レッスンを受けることができます

 

私がおすすめの中国語初心者さんの滞在期間

台湾中国語学院では、新版実用視聴華語(1から5まであります)という台湾で一番良く使われる中国語テキストを使用します。2巻目修了までが入門・初級の目安です。

※現在、臺灣師範大學発行の最新教材「當代中文課」を使用

 

授業時間は、1日2時間(週10時間)から6時間(週30時間)で2時間毎の設定です。始めてから空きがあれば追加することもできますが、特に夏のシーズン中は埋まってしまうこともあるとのことです。

がっつり勉強するのが目的なら初めから申し込んでしまいましょう〜

 

目安として、私も別の私立の語学学校でマンツーマン(途中グループレッスンもあり)で入門から中国語を学びましたが、2巻目修了まで週10時間で約半年かかりました。

 

澎湖は観光地もたくさんあり、人見知りでも台湾人の友達ができやすい環境なので、遊びつつゆっくり学びたいなら2時間、しっかり身につけたいなら4〜6時間が良いですね。

 

私は残念ながら優秀ではなかったですが、頭が良い人やものすごい努力家の人は半年で中級以上になっていました。

なにがなんでも身に付ける!という方は1日6時間以上でも頑張れると思います。

 

テキストも3巻目(旧の場合)からは中級レベルになり、一気に難しくなりますが、それを修了するとある程度の会話には不自由しなくなります。

台湾で学んだ中国語が話せる周りの日本人は、大体がこの3巻目の途中か修了までは最低学習しています。

 

ノービザで90日間まで滞在

現在、日本人は台湾にノービザで90日間滞在できます。まずはノービザの期限、90日間以内で来てみて気に入ったらまたリピートしてもいいかなと思います。

台湾から中国や香港、沖縄へ一度飛んでリセットして長期滞在することもできますしね。

 

私自身はやる機会はないですが、本島にいる友達で、3年ビザランしている人もいます。今のところ台湾は日本人のビザランには寛容なんですね〜

それを利用して学生ビザやノービザでこっそり働いている方もいますけど…

澎湖島は絶対リピートしたくなること間違いなしですよ~!

 

自転車やツーリングが趣味の方は特に楽しい島です。

海も綺麗なので、貝殻やシーグラスを拾ったりそういう自然の楽しみもあります。星空も溜め息がでるほど綺麗です。

澎湖からさらに離島へ行くのも、簡単なので何回か出かけました。

 

現地の台湾人と仲良くなって、一緒に釣りをしたり、名産の澎湖茶や澎湖文石の探し方を教えてもらったりとても貴重な体験もできました。

ただのツアーでは絶対に体験できない思い出ができます。

 

書き出していくと本当に魅力が多すぎて書ききれなくなるので、またたまに記事にできたらなと思います。

 

ご興味のある方は是非サイトを覗いてみて下さいね!

「台湾中国語学院」 | 台湾のリゾート地「澎湖」で短期語学留学。

 

www.mochimonotecho.net